PMSには体を冷やさないように心がけました。

若い頃はそれほど悩みではなかったのですが、子供んでからというものPMSの症状に悩まされることが多くなりました。
私の症状は生理の1週間前ほどから軽い頭痛がし、胃腸の調子も崩しがちになります。
つわりの時のように気持ち悪いことも多く、お腹も下しがちで食欲もあまりなくなってしまいます。
その期間はとても体がだるく日中異様に眠気を感じることもあり、仮眠をとらなければぼーっとしてしまい何も手につかなくなることもあります。
若い頃はそんな症状がなかったのでホルモンバランスの崩れが原因となっているのではないかと感じていますが、対処方法などがあるとは全く考えていませんでした。
薬を飲むのは昔から苦手な方なのでそのような物には一切頼らずに自分で何とかならないかと考えた結果、冷えが原因なのではないかと思いとにかく体を冷やさないように心がけました。
PMSの症状がでがちな生理前には体を温める食べ物を選んで食べるようにし、夜は暖かいお風呂に十分な時間つかり、夜もしっかりと休息をとるようにしました。
お腹周りも冷やさないように薄手の腹巻を普段から着用するようにしました。
冷やさないように心がけ始めてからしばらくすると、PMSの症状がだいぶ改善されました。軽い頭痛はまだありますが強い眠気に襲われるということはほとんどなくなりました。
ケトコナゾールアマゾン

未分類
プラセントレックス(ヒトプラセンタジェル)が最安値の通販はここ!